週刊isologue(第408号)ベンチャーの資本業務提携に必要な、たった一つのこと(第2回)

資本業務提携の第2回目です。

今回は、株主間契約等で定める拒否権を中心に取り上げます。
拒否権は、手を間違うと資本業務提携でベンチャーが一番詰みやすいところで、(将棋で言うと3手詰・5手詰といった)比較的初歩的なところです。

画像1

目次とキーワード

比率や額と、各種拒否権・事前承認事項
拒否権・事前承認事項とは
保有する比率と拒否権の発生
そのラウンドでマイナーな出資の場合
比率はマイナーだけど、1つのラウンドで過半の投資をする場合
比率が大きい場合
株主間契約内の階層構造
株主間契約というハードル
事業会社のインセンティブと企業価値向上

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。


ここから先は

49字
この記事のみ ¥ 250
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!