マガジンのカバー画像

フェムトマガジン

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。
¥864 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

フェムトマガジン(第688号)VCはいかに株式を売却するか?(2021年その7)

今週も、2021年にIPOした企業の投資家が、どのように株式を売却したのかを見ていきます。 今週取り上げるのは下記の3社です。

2021年分に掲載の「上場前後の資本政策」シリーズに掲載した分の再掲/修正部分を含みます。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第687号)VCはいかに株式を売却するか?(2021年その6)

今週も、2021年にIPOした企業の投資家が、どのように株式を売却したのかを見ていきます。 今週取り上げるのは下記の4社です。

ビジョナル

ネオマーケティング

ステラファーマ

テンダ

(2021年分に掲載の「上場前後の資本政策」シリーズに掲載した分の再掲/修正部分を含みます。)

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第686号)VCはいかに株式を売却するか?(2021年その5)

今週も、2021年にIPOした企業の投資家が、どのように株式を売却したのかを見ていきます。 今週取り上げるのは下記の3社です。

2021年分に掲載の「上場前後の資本政策」シリーズに掲載した分の再掲/修正部分を含みます。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第685号)上場前後の資本政策(2022年4月その2)

今週も、2022年4月に上場した下記の会社の資本政策を見てみます。

フルハシEPO

ASNOVA

ストレージ王

モイ

クリアル

ペットゴー

ASNOVAは筆頭株主の一般社団法人が上場前の株式の過半数を持っていたという変わった資本構成、
ストレージ王は子会社上場で、親会社もコンテナを利用したホテル事業等を営んでいます。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第684号)上場前後の資本政策(2022年4月その1)

今週は、2022年4月に上場した下記の会社の資本政策を見てみます。

今月は以下の3社を。

セカンドサイトアナリティカ

エフビー介護サービス

サークレイス

特に、セカンドサイトアナリティカ社は、銀行が筆頭株主で無議決権株(種類株式)を発行したまま上場という、非常にめずらしい資本政策をとっています。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第683号) VCはいかに株式を売却するか?(2021年その4)

今週も、2021年にIPOした企業の投資家が、どのように株式を売却したのかを見ていきます。

今週取り上げるのは下記の4社です。

2021年分に掲載の「上場前後の資本政策」シリーズに掲載した分の再掲/修正部分を含みます。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第682号) VCはいかに株式を売却するか?(2021年その3)

今週も、2021年にIPOした企業の投資家が、どのように株式を売却したのかを見ていきます。

今週取り上げるのは下記の4社です。

ココナラは海外機関投資家メインの「旧臨法方式」での上場をしたので、(おそらくオファリングサイズを海外機関投資家のチケットサイズや需要に合わせて確保するために)上場前の株主はかなり売出しに参加して(させられて)いて、どの株主も上場時点ですでに5%を切って大量保有報告書の

もっとみる

フェムトマガジン(第681号) VCはいかに株式を売却するか?(2021年その2)

今週も、2021年にIPOした企業の投資家が、どのように株式を売却したのかを見ていきます。

今週取り上げるのは下記の3社です。

2021年分に掲載の「上場前後の資本政策」シリーズに掲載した分の再掲/修正部分を含みます。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第680号) VCはいかに株式を売却するか?(2021年その1)

今週から、2021年にIPOした企業の投資家が、どのように株式を売却したのかを見ていきます。

今週取り上げるのは下記の3社です。

2021年分に掲載の「上場前後の資本政策」シリーズに掲載した分の再掲/修正部分を含みます。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第679号)上場前後の資本政策(2022年3月その2)

今週も、2022年3月に上場した会社の資本政策を見てみます。

TORICO

メンタルヘルステクノロジーズ

ギックス

ノバック

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第678号)上場前後の資本政策(2022年3月その1)

今週は、2022年3月に上場した以下の会社の資本政策を見てみます。

今週はまず、以下の4社を。

ビーウィズ

イメージ・マジック

セレコーポレーション

守谷輸送機工業

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第677号)上場前後の資本政策(2022年2月)

今週は、(少し遅くなりましたが)2022年2月に上場した下記7社の資本政策を見てみます。

Recovery International

セイファート

ライトワークス

エッジテクノロジー

CaSy

BeeX

マーキュリーリアルテックイノベーター

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第676号)フェムトのインセンティブ・プラン(VC用)を公開します(その5)

今週は、この「インセンティブ・プラン」シリーズの最終回です。

前回からの続きで、金融庁から昨年公開された、
「キャリード・インタレストの経済的合理性等の判定に係るチェックシート」
「キャリード・インタレストに係る所得に関する計算書」
の記載をどうすればいいのか、考えてみました。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる

フェムトマガジン(第675号)フェムトのインセンティブ・プラン(VC用)を公開します(その4)

先週に引き続き今週も、昨年金融庁から公表された「キャリード・インタレストの税務上の取扱いについて」について考えます。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる