フェムトマガジン

フェムトマガジン(元isologue)(第614号) 上場前後の資本政策(2020年12月その5)

今週は、2020年12月に上場した企業の残り7社の資本政策を見てみます。

東京通信
グローバルインフォメーション
ファンペップ
SANEI
東和ハイシステム
クリングルファーマ
オンデック

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる
どうもです!
2

フェムトマガジン(元isologue)(第613号) 上場前後の資本政策(2020年12月その4)

今週も、2020年12月に上場した企業の資本政策を見てみます。

今週は、優先株式で比較的大型の調達をした会社が多くて情報量が多いので、下記の4社のみを。

ウェルスナビ
ヤプリ
交換できるくん
ENECHANGE

12月の上場数はおそらく過去最高ですが、特に12月22日は、先週取り上げましたKaizen Platformの他、今週のウェルスナビ、ヤプリと3社が上場しており、3社とも主幹事がSB

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!

フェムトマガジン(元isologue)(第612号) 上場前後の資本政策(Kaizenのinversion編)

昨年2020年12月に上場したKaizen Platform社は、もともと米国法人として設立されながら、日本法人化(inversion)した上で日本で上場しているので、本日はその経緯を中心に見てみたいと思います。

一時期、「世界的企業を目指すぞ!」「Nasdaqで上場するぞ!」と米国法人として起業するのがブーム?にもなりましたが、結果的に株主も顧客もほとんど日本の法人や個人だったり、活動も日本中

もっとみる
どうもです!
1

フェムトマガジン(元isologue)(第611号)謹賀新年(2020年の総集編)

一年の最初なので、昨年の記事を一覧する「総集編」をお届けします。

2020年は、毎年定点観測している、

上場前後の資本政策
VCはいかに株式を売却するか

の他、個別のテーマとして、

VCファンド資産の時価評価(2018年版IPEVとコロナ対応)
外為法改正に伴うパブリック・コメント関連
ベンチャーキャピタルGPの新ストラクチャー(実践版)
Vulnerabilityとベンチャーファイナン

もっとみる
どうもです!

フェムトマガジン(元isologue)(第610号) 上場前後の資本政策(2020年12月その2)

今週も、この2020年12月に上場した企業のうち、以下の9社の資本政策を見てみます。

オーケーエム
プレイド
かっこ
リベルタ
ビートレンド
インバウンドテック
ココペリ
いつも
ポピンズホールディングス

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
5

フェムトマガジン(元isologue)(第609号) 上場前後の資本政策(2020年12月その1)

いつもは前月に上場した企業の分をまとめて資本政策を検討しているのですが、今年の12月は非常に多くの企業が上場することになっているので、早めにチェックをしていきたいと思います。

今週は2020年12月に上場した企業のうち、最初の5社の資本政策を見てみます。

スタメン
ビーイングホールディングス
バルミューダ
Fast Fitness Japan
ローランド

ご興味がありましたら、下記のリンクか

もっとみる
どうもです!
2

フェムトマガジン(元isologue)(第608号) 上場前後の資本政策(クリーマ優先株式編)

2020年11月に上場したクリーマですが、登記簿を閲覧したところ、優先株式の設計が非常に興味深かったので、考察してみました。

クリーマの増資等の経緯
A種優先株式での調達の概要
一般的な優先株式の設計 (フル参加型、非参加型)
クリーマのA種優先株式の内容
既存の優先株式の改良型か?
「段差」が発生
よりシンプルな記載方法はいかが?
方程式と会社法を並行して考えるのはしんどい

ご興味がありまし

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
2

フェムトマガジン(元isologue)(第607号) 上場前後の資本政策(2020年11月)

今週は2020年11月に上場した以下の5社の資本政策を見てみます。

アララ
MITホールディングス
ジオコード
クリーマ
バリオセキュア

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる
ありがとうございます!

フェムトマガジン(元isologue)(第606号)VCはいかに株式を売却するか(2018年その2)

今回は、2018年第2四半期に上場したビープラッツ社の投資家の売却パターン、その他上場前後の資本政策を見てみたいと思います。

公募・売出の概要
売却の概要
上場後の東京センチュリー社による株式取得の概要
東京センチュリー社による持分法適用関連会社化
創業経営者の株式の売却
まとめ

今回も、2018年掲載分の再掲/修正部分を含みます。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

もっとみる
ありがとうございます!
2

フェムトマガジン(元isologue)(第605号)VCはいかに株式を売却するか(2018年その1)

今回は、抜かしてしまっていた2018年上場企業のうち、以下の企業の投資家の売却パターン分析です。(今回は、2018年掲載分の再掲/修正部分を含みます。)

ジェイテックコーポレーション(VC:報告書提出なし)
信和(インテグラル(PE))
キュービーネットホールディングス(インテグラル(PE))
RPAホールディングス(海外投資家)
アジャイルメディア・ネットワーク(VC)

ご興味がありました

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!