週刊isologue(第536号)上場前後の資本政策(2019年5月6月その2)

今回は、6月25日に上場したインフォネットの資本政策を、もうちょっと詳細に見てみます。

このインフォネット社、もともと福井で創業した会社ですが、2017年6月に創業者から発行済株式の100%がワンクッション挟んで現在の筆頭株主に譲渡されています。「創業者が会社からいなくなって全く別の会社が親会社になって、2年で上場できるもんなんだなあ」という例として検討してみました。

目次とキーワード:

親会社フォーカス社の概要
親会社フォーカス社の優先株式の内容
「特別利害関係社等の株式等の移動状況」から見た子会社化の経緯
大量保有報告書から見た現状
親会社等状況報告書の提出要件
「株式会社インフォネット・ホールディングス」は実在した?

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです!

ここから先は

49字

¥ 250

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!