週刊isologue(第245号)米国バイオベンチャーの資本政策(2013年)その2

「バイオ系ベンチャーの優先株は、みんな強烈な条件(3倍の残余財産優先分配権など)が付いているのか?」ということを調べてみました。

目次とキーワード

残余財産分配権のSeriesごとの優先度のパターン
「”and”参加型」
「”or”参加型」
「”and”参加+3倍上限”or”参加型」
投資家が最初にx倍を取る優先分配権はあるか?
後のラウンドの方が、倍数は大きくなるか?
Exitの金額で分配を変える規定。
優先分配で年当たりの最低利回りを一定とする規定
契約に基づいて、特定の個人に特別な分配を行う規定
米国のベンチャーは必ず優先株を発行するか?

この続きをみるには

この続き: 77文字
記事を購入する

週刊isologue(第245号)米国バイオベンチャーの資本政策(2013年)その2

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

よろしければシェアもお願いします!
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/

こちらでもピックアップされています

フェムトマガジン
フェムトマガジン
  • ¥864 / 月

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。