週刊isologue(第384号)上場前後の資本政策(2016年上半期:後編)

今回も、2016年上半期にIPOしたベンチャーを中心とする会社の資本政策についてです。

今年の上半期+αに上場したのは以下の企業です。
今回は「セラク」から「リファインバース」までの5社です。
特に「LINE」と「リファインバース」の種類株式についてを掘り下げてみます。

目次とキーワード

LINEの沿革の概要
LINEも種類株式を発行していた(目的は「dual class」か?)
種類株式設計の「気合」の入り具合
リファインバースの調達額の予想額
登記簿の記載から見る、A種・B種・C種・D種の概要
ダウンランドも経験?

キツい条件の優先株は、結局投資家のためにもならない


ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 58文字
記事を購入する

週刊isologue(第384号)上場前後の資本政策(2016年上半期:後編)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

よろしければシェアもお願いします!
3
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/

こちらでもピックアップされています

フェムトマガジン
フェムトマガジン
  • ¥864 / 月

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。