週刊isologue(第417号)Snap(Snapchat)の資本政策(その4)

Snapchatを運営するSnap, Incの資本政策、今回も、上場申請資料「S-1」に添付された上場前の定款(certificate of incorporation)を見ていきます。

Snap社は上記の図のとおり、優先株に対して極めて変則的な優先分配権や議決権の設定をしてます。

目次とキーワード

清算・M&A時の分配権
ミドルステージ以降の優先株に対する超「上から目線」な条件
議決権のない優先株
優先分配権のない優先株
Series A-1とSeries Bの間に何があったのか?
優先株の普通株への任意の転換の禁止という一見不思議な規定
Series FP優先株の普通株への転換(10議決権か1議決権か)
Series FPを投資家に売却する場合の有利な条件とは

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 59文字
記事を購入する

週刊isologue(第417号)Snap(Snapchat)の資本政策(その4)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

よろしければシェアもお願いします!
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/

こちらでもピックアップされています

フェムトマガジン
フェムトマガジン
  • ¥864 / 月

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。