フェムトマガジン(元isologue)(第632号) VCはいかに株式を売却するか(2018年その4)

フェムトマガジン(元isologue)(第632号) VCはいかに株式を売却するか(2018年その4)

今週も引き続き、2018年上場企業の投資家の売却パターンを分析します。

今週取り上げるのは下記の3社です。

チームスピリット
ナルミヤ・インターナショナル
マリオン

今週は、売却方法もさることながら、日本のファンドである投資事業有限責任組合の無限責任組合員(GP)を、外国に住所のある法人がやるのもアリなんですね、という実例を登記簿で見られたことが、個人的には勉強になりました。

(2018年掲載の「上場前後の資本政策」シリーズに掲載した分の再掲/修正部分を含みます。)

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 49文字
記事を購入する

フェムトマガジン(元isologue)(第632号) VCはいかに株式を売却するか(2018年その4)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フェムトパートナーズ

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

どうもです!
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/