フェムトマガジン(元isologue)(第630号) 上場前後の資本政策(2021年4月その3)

フェムトマガジン(元isologue)(第630号) 上場前後の資本政策(2021年4月その3)

今週も2021年4月に上場した下記の会社の資本政策を見てみます。

画像1

今週は、以下の最後の4社を取り上げます。

ビジョナル
ネオマーケティング
ステラファーマ
テスホールディングス

ビジョナルは、大規模な資金調達を何回も種類株式を使って行うタイプのファイナンスをしてきたわけではないですが、株式移転によりビジョナルを設立した前後の登記簿を見てみると、いろいろ勉強になりました。

A種優先株式しか発行していない?
子会社ビズリーチの登記簿
株式移転の登記簿への記載
ビズリーチ時代の優先株式での調達
ビズリーチに残された優先株式の扱い
もう一つのビジョナル社

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 49文字
記事を購入する

フェムトマガジン(元isologue)(第630号) 上場前後の資本政策(2021年4月その3)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フェムトパートナーズ

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

ありがとうございます!
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/