週刊isologue(第535号)上場前後の資本政策(2019年5月6月その1)

今回は「令和」以降の2019年5月6月に上場した以下の12社、

バルテス
大英産業
ユーピーアール
Sansan
日本グランデ
ピアズ
ブランディングテクノロジー
インフォネット
ヤシマキザイ
あさくま
新日本製薬
リビン・テクノロジーズ

の資本政策を見てみます。

今回は、Sansanが時価総額約1,800億円になってるのを除けば、あとの会社は全部、時価総額が約100億円以下です。

このSansanの優先株式の内容と、上場前のインフォネットの親会社の移動などがちょっと興味深いので、それらについての詳細は、また来週として、本日はざっと全体を見渡すのにとどめてますが(「ざっと」といってもA4で30ページほどになりますがw)、他でもちょっと種類株式を使っていたり、通常のパターンから外れる会社があり、それらについてコメントしてあります。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください!

この続きをみるには

この続き: 49文字
記事を購入する

週刊isologue(第535号)上場前後の資本政策(2019年5月6月その1)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

よろしければシェアもお願いします!
5
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/

こちらでもピックアップされています

フェムトマガジン
フェムトマガジン
  • ¥864 / 月

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。