週刊isologue(第81号)ヤフーのデータセンター(税務とビジネス編)

先週は、ソフトバンクからヤフーに譲渡されたデータセンター事業について、その沿革とスキームについて見てみましたが、今週は、

ヤフーの合併の実例に基づく組織再編税制のおさらい
事業の中身はどのように分割されたのか?
東京国税局による更正の内容
「事業上の必要性」はあったか?(「NOAH」と「Yahoo!モバゲー」)
買収価格は450億円は高過ぎるか?
株式譲渡契約の「繰越欠損金否認時の修正条項」
「特定役員引継ぎ要件」の使い方はどうだったのか?
なぜ(通信会社ではなく)ヤフーに売却されたのか?
まとめ(結局、ビジネス全体から見てどうか?)

といったあたりを考えてみました。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

ここから先は

50字

¥ 250

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!