週刊isologue(第116号)GrouponのIPO資料を読む(ガバナンスとドイツ法人編)

今週こそ、IPO申請したGroupon(グルーポン)のビジネスモデルについて取り上げようと思っていたのですが、コーポレート・ガバナンスと、買収したドイツ法人について調べていたら、またもや、かなりのボリュームになってしまいましたので、今回は「ガバナンスとドイツ法人編」ということにさせていただければと思います。

(次週こそ、ビジネスモデルに踏み込みたいと思います。[あくまで予定ですが…])

 

目次とキーワード

グルーポンの役員はどんな人たち?
CEOよりも、会長Lefkofsky氏が…?
取締役や監査委員会の独立性
ドイツ法人と日本法人の買収条件が雲泥の差なのは何故?
買収の「contingent consideration(条件付対価)」の処理
日本とEUの地の利の差

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 50文字
記事を購入する

週刊isologue(第116号)GrouponのIPO資料を読む(ガバナンスとドイツ法人編)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フェムトパートナーズ

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

よろしければシェアもお願いします!
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/