週刊isologue(第214号)スプリント買収にDISH参戦(ソフトバンク反撃編)

5月3日にスプリントからすでに招集通知(Proxy Statement)が発送されちゃってると思いますので、DISHには、かなりキツい王手がかかっている感じではあります。

一方で、米当局の承認は、(司法省の独禁法関連の承認等、おりたものもあるようですが)「安全保障系のCFIUSは予断を許さない」といったご意見もあるようで、まだ「ソフトバンクが勝った」とも言えない状況ではないかと思います。

これら一連の開示から、「日本企業がM&Aを活用して世界で活動する際の戦い方」を垣間見てとることができるのではないかと思います。

目次とキーワード

DISHには米国家安全保障上の問題は無いのか?
DISH定時株主総会での議決権行使結果
DISHの四半期決算発表
BlackRockによるDISH株売却
スプリントの決算発表
ソフトバンクによる、反DISH、親ソフトバンクの米報道開示 
ソフトバンク委託による、業界専門家のDISH提案分析結果
ソフトバンク自身による、スプリント買収のシナジー効果分析
Capital Research Global Investorsによるスプリント株売却

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 50文字
記事を購入する

週刊isologue(第214号)スプリント買収にDISH参戦(ソフトバンク反撃編)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

どうもです!
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/

こちらでもピックアップされています

フェムトマガジン
フェムトマガジン
  • ¥864 / 月

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。