フェムトマガジン(元isologue)(第608号) 上場前後の資本政策(クリーマ優先株式編)

フェムトマガジン(元isologue)(第608号) 上場前後の資本政策(クリーマ優先株式編)

2020年11月に上場したクリーマですが、登記簿を閲覧したところ、優先株式の設計が非常に興味深かったので、考察してみました。

画像1

クリーマの増資等の経緯
A種優先株式での調達の概要
一般的な優先株式の設計 (フル参加型、非参加型)
クリーマのA種優先株式の内容
既存の優先株式の改良型か?
「段差」が発生
よりシンプルな記載方法はいかが?
方程式と会社法を並行して考えるのはしんどい

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 49文字
記事を購入する

フェムトマガジン(元isologue)(第608号) 上場前後の資本政策(クリーマ優先株式編)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フェムトパートナーズ

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

ありがとうございます!
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/