週刊isologue(第332号)ベンチャー投資会社「Alphabet」に生まれ変わるGoogle

今回はGoogleから発表された持株新会社「Alphabet」の構想について。

テクニカルなスキームとしては、日本でもよくある「◯◯ホールディングス」といった持株会社化と同じにも見えますが、本件において特筆すべきことは、Googleの創業者たちが「ベンチャー投資こそが、世界一面白くて、やりがいがあって、しかも一番儲かるビジネス(企業価値を高める方策)である」と考えたということじゃないかなと、私は思います。

目次とキーワード

CEOのレター「G is for Google」
臨時報告書の本文
スーパー女性CFO、Ruth Porat氏
持株会社化のスキーム
デラウェア州会社法251条(g)
まとめ:Alphabet持株会社を設立する意味


ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 58文字
記事を購入する

週刊isologue(第332号)ベンチャー投資会社「Alphabet」に生まれ変わるGoogle

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

どうもです!
2
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/

こちらでもピックアップされています

フェムトマガジン
フェムトマガジン
  • ¥864 / 月

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。