週刊isologue(第491号)2018年上半期+αの総集編

今回は、今年1月から8月までの記事を一覧する「総集編」です。

今年上半期のテーマは、

2018年のストックオプション実務
ベンチャーファンドの規制と法令
VCの作り方(新VCファンド契約書)
上場前後の資本政策(2017年第3第4四半期)
上場前後の資本政策(2018年第1四半期)
上場前後の資本政策(2018年第2四半期)
上場前後の資本政策(メルカリ特別編その1)
上場前後の資本政策(ラクスル特別編)
VCはいかに株式を売却するか?(2018年第2四半期編)
上場前後の資本政策(2018年7月)

でした。

「2018年のストックオプション実務」は、有償ストックオプションに関する「取扱い」の影響、信託型有償ストックオプションについて。

「ベンチャーファンドの規制と法令」は、金融商品取引法等、ベンチャーファンド運営のために必要な法令を一通り見てみるもの。

「VCの作り方(新VCファンド契約書)」は、経済産業省及び日本ベンチャーキャピタル協会から公表された、新しいVCファンドの組合契約例(以下「契約例」)についてみてみたもの。

「上場前後の資本政策」「VCはいかに株式を売却するか?」は、IPOした企業の資本政策の実例を見てみるものです。

詳細は、以下のURLをご覧下さい。

http://www.tez.com/blog/archives/post5533.html

(一覧に表示するために有料にしていますが、以下を購入していただいても上記URLと同じ内容になります。)

ここから先は

49字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!