フェムトマガジン(元isologue)(第599号) 上場前後の資本政策(2020年9月補足1)

今週は、先週取り上げた2020年9月に上場した企業の資本政策で注目した論点のうち、グラフィコ社とI-ne社について、登記簿等を見ながら深掘りしてみます。

グラフィコ:「株式社」という商号は登記できるか?
I-ne(前編):社債型の優先株式
優先配当に関する規定が重要
累積型の優先配当
優先配当の上限とM&A
残余財産分配は、元本+未払配当のみ
無議決権株である
ちょっぴり怖い金銭対価の取得請求権
会社側からの「取得条項」
A種優先株式10億円+αの取得
配当可能額の手配
かなり怖い普通株式対価の取得請求権

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 49文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

または、記事単体で購入する

フェムトマガジン(元isologue)(第599号) 上場前後の資本政策(2020年9月補足1)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

ありがとうございます!
1
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/

こちらでもピックアップされています

フェムトマガジン
フェムトマガジン
  • ¥864 / 月

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。