週刊isologue(第146号)日本でも未上場株取引は活性化するか?

米国の「secondmarket」等では、未上場株式にも関わらず、FacebookやTwitterなどの株が大量に取引されていると言われています。今回は、そうした状況が日本でも近い将来に出現する可能性があるのか?、出現させた方がいいのか?させない方がいいのか?といった点について考えたいと思います。

目次とキーワード

日米の未公開株式取引関連資料
米国の未上場株取引の現状
日本のグリーンシート銘柄制度の概要
日本の未上場会社の譲渡制限の歴史
米国の譲渡制限
米国ベンチャーの実例
ストックオプションのベスティングの日米相違
未上場株取引が増えると、何かいいことはあるのか?
まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 50文字
記事を購入する

週刊isologue(第146号)日本でも未上場株取引は活性化するか?

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フェムトパートナーズ

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

よろしければシェアもお願いします!
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/