週刊isologue(第200号)「法人版エンジェル税制」私案

この回の前の週に、経済産業省の「個人投資家の投資活動及びエンジェル税制の利用促進に関する委員会」にも委員として呼んでいただきまして、そちらでも「法人版のエンジェル税制が有効だ」という主張をしてまいりました。

法人がベンチャーに出資した場合に税制上の優遇措置を受けられる「法人版エンジェル税制」について検討した私案です。

目次とキーワード

法人版エンジェル税制とは、法人がベンチャーに投資する際に、一定額(仮置きで投資額の50%と想定)を損金算入できる制度を想定
法人版エンジェル税制の効果
日本の成長力(市場メカニズム)を活性化する
GDPを増加させる
雇用を増加させる
うまくいけば税収増にも寄与する
この制度の目標
「10年後にGDP比で米国並みのベンチャー投資が行われる環境を作ること」
ベンチャーキャピタルのベンチャーへの投資額:年5,000億円
ファンド経由を除く法人版エンジェル投資制度利用のベンチャー投資額:年1兆円
法人版エンジェル税制によるGDP誘発額:年1兆円
なぜ「法人版エンジェル税制」か?
最先端の「生態系」に資金が注入される
地方にも資金が循環する
法人のほうが税務に強い
法人の方が自己責任原則を貫きやすい
具体的要件
確認、確定申告手続きの簡素化
ファンドへの出資の扱い
現行の条文と改正案(素案)
租税特別措置法(本文)の改正案のイメージ
中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律改正案のイメージ
租税特別措置法施行令改正案のイメージ
租税特別措置法施行規則改正案のイメージ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

ここから先は

50字

¥ 250

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!