週刊isologue(第193号)アーリーステージ向けベンチャーキャピタルの研究(その3)

本日は、アントレプレナーシップ関連の活動をはじめとして、カウフマン財団が公開しているレポート「WE HAVE MET THE ENEMY… AND HE IS US 」を、ご紹介したいと思います。

このレポートは今年5月に出たものなので、すでにお読みになった方もいらっしゃるかも知れませんが、副題が「Lessons from Twenty Years of the Kauffman Foundation’s Investments in Venture Capital Funds and The Triumph of Hope over Experience」となっており、カウフマン財団の20年間にわたるベンチャーファンドへの投資実績データをもとに行った分析になっています。

ファイナンスやベンチャーの常識に反するデータがいくつも出て来るので、ベンチャーに関わっている方には、かなり面白いんじゃないかと思います。

目次とキーワード

タイトルの意味は?
実は米国のファンドのパフォーマンスは悪かった
目立つイベントに目を奪われてはダメ
「金を生まないVC」への構造変化
「Jカーブ」でなく「nカーブ」
カウフマン財団の提言
まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 50文字
記事を購入する

週刊isologue(第193号)アーリーステージ向けベンチャーキャピタルの研究(その3)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フェムトパートナーズ

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

よろしければシェアもお願いします!
2
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/