週刊isologue(第203号)「ベンチャーM&A税制」試案

ベンチャーに対する優遇措置として、「大企業などがベンチャーを買収する時の税制優遇措置を検討したらいいんじゃないか?」というアイデアがよく聞かれます。この回では、「ベンチャーM&A税制」として、どういった内容が考えられるか、それがどういう社会的意義を持つのか、といったあたりを考えてみました。

目次とキーワード

ベンチャーのM&Aを活性化させる意味
投資家は「株式売却」で資金を回収する
M&Aの増加とベンチャー生態系の発展
M&Aの「加速効果」
どこを改善すればM&Aが活性化するか?
株式の譲渡、ドラッグアロング、スクイーズアウト
ベンチャーM&A税制の案
「適格組織再編」範囲の拡大
売る側の企業のストックオプション保有者(従業員)

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

ここから先は

50字

¥ 250

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!