週刊isologue(第371号)日本版リストリクテッド・ストックのベンチャーへの応用(その3)

今週は、「日本版リストリクテッド・ストック」の税制を、米国の税制と比較してみます。

4月28日に経済産業省から発表された「「攻めの経営」を促す役員報酬~新たな株式報酬(いわゆる「リストリクテッド・ストック」)の導入等の手引~」に書かれている会社法の解釈、新税制で、本当に米国などで行なわれている「攻めの経営」を促すような株式インセンティブが設計できるでしょうか?

目次とキーワード

Facebookの事例
株式購入、ISO、NSO、RSUの課税(図解)
米国の税務
Restricted Stock AwardとRSUの税務上の違い
雇用等の対価としての資産取得の場合の原則
課税時期の選択(83(b)の条文)
用語の定義等
解除できない制約が付いている場合
日本の新税制と米国の税制との比較
原則と例外が逆転
日本は「譲渡制限」の意味が不明確?
日本では付与時の課税が選択ができない
「制度外リストリクテッド・ストック」のススメ
まとめ

こちらもご参考:
Facebookの実例で株式インセンティブプランを学ぶ

(Facebookのrestricted stockやRSU、ストックオプション、ザッカーバーグの税制非適格ストックオプション(NSO)の事例など13コンテンツをまとめて「マガジン」にしてみました。)


今回の記事は、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き: 58文字
記事を購入する

週刊isologue(第371号)日本版リストリクテッド・ストックのベンチャーへの応用(その3)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

どうもです!
4
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/

こちらでもピックアップされています

フェムトマガジン
フェムトマガジン
  • ¥864 / 月

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。