週刊isologue(第263号)ケイマン法人の研究(その4:Baidu.com)

今週は、米国で上場している中国企業(ケイマン諸島法人)、Baidu.com(百度)の定款の株式の規定について見ていきたいと思います。

目次とキーワード

株式の規定の概要
普通株の内容
普通株の配当、残余財産の分配等
普通株の議決権
Class B普通株からClass A普通株への転換
ケイマンの「転換」→償還(redemption)と発行(issue)
日本での税務上の取扱いは大丈夫か?
ドラッグ・アロング権
優先株の内容
優先配当
残余財産分配権
優先株の転換
転換価格の修正
優先株の議決権
拒否権
取締役指名権
まとめ

この続きをみるには

この続き: 88文字
記事を購入する

週刊isologue(第263号)ケイマン法人の研究(その4:Baidu.com)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

よろしければシェアもお願いします!
4
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/

こちらでもピックアップされています

フェムトマガジン
フェムトマガジン
  • ¥864 / 月

日本や世界のスタートアップについて、ファイナンスの観点から考えるマガジンです。2020年9月までの名称は「週刊isologue」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。