フェムトマガジン(元isologue)(第627号)上場前後の資本政策(ココナラ編その2)

今週も、設立時からの登記簿を見て、ココナラの増資や優先株式の詳細を見ていきます。

今週は、CB(転換社債型新株予約権付社債)を使った「日本版コンバーチブル・ノート」?の条件と、その問題点を考えてみました。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 49文字
記事を購入する

フェムトマガジン(元isologue)(第627号)上場前後の資本政策(ココナラ編その2)

フェムトパートナーズ

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フェムトパートナーズ

サポートいただいた資金は全て、分析のための商業登記簿取得費に充てさせていただきます!

ありがとうございます!
ベンチャーキャピタルのフェムトです。 https://femto.vc/